Top
カテゴリ:2008から日本( 257 )
提灯の街3
大阪の3日間、今日は4コマです
(載せ方は思いつくままですので、なんだ、と言われても〜〜)。
「今時のまばたき」に。
f0180144_18221141.jpg

f0180144_18223310.jpg

f0180144_18225278.jpg

f0180144_1823661.jpg

[PR]
by mallard3 | 2008-11-24 18:26 | 2008から日本
すかいらーく
はずかしながら盗み撮りである。
敬意を表したかったので、起きられるのを待ったが、
こちらの時間切れで、やむなく退席した。
(もっとも、どう表するかについて、なんらアイデアを持ってはおらなかった)。
大阪の3日間の続き。「今時のまばたき」に。
f0180144_1929443.jpg

f0180144_1929344.jpg

f0180144_19294972.jpg

f0180144_1930566.jpg

[PR]
by mallard3 | 2008-11-23 19:34 | 2008から日本
提灯の街2
ヨ?バシの話の続き。
久しぶりにいろんなカメラを見た。
ファインダーがないのは百歩譲っても、
ボディ裏の液晶画面。
あれで、テカる真昼間などは見えるのか?
ピントはどうやればわかる、などなど。
バカにするなと叫びたくなった。
しかし、それでも買ってしまうバカがここにいた。
需要と供給。
こうして、何事もなかったかのように、ものごとの様式は変わっていくのだろうか、
と、漠然と思った。
連休でも、大阪の3日間は続きます。「今時のまばたき」に。
f0180144_18028.jpg

f0180144_1802876.jpg

f0180144_1804426.jpg

f0180144_181354.jpg

f0180144_1812282.jpg

[PR]
by mallard3 | 2008-11-22 18:02 | 2008から日本
提灯の街
梅田ヨ?バシに行ったら、時間制限の安売りで煽っていた。
いともたやすく釣られて、外付ファインダー付GX200を買った。
デジタルのファインダーには抵抗があった。
が、案外見えはよかった。
四角でも撮れるのでやってみた。
それにしても、やたらと提灯の似合う街だなあ。
大阪3日間のコマは、まだまだ無自覚無節操に続きます。
「今時のまばたき」に。
f0180144_20522450.jpg

f0180144_2053738.jpg

f0180144_20532649.jpg

f0180144_20534189.jpg

f0180144_20535887.jpg

f0180144_20541581.jpg

[PR]
by mallard3 | 2008-11-21 21:00 | 2008から日本
ゆ、ゆびが
ゆ、ゆ、ゆびを撮ってはいけません!!!
大阪のコマはあと2、3日続きそうです。
「今時のまばたき」に入ります。

f0180144_228632.jpg

f0180144_2282763.jpg

f0180144_2284417.jpg

f0180144_2285897.jpg

f0180144_2291148.jpg

f0180144_2293731.jpg

f0180144_2295251.jpg

[PR]
by mallard3 | 2008-11-20 22:12 | 2008から日本
系図
始めての大阪。
用事が先で、梅田近辺を2時間程x2回うろつく暇が、やっと取れた程度。
しかし、見るもの見るものすべてが、無性に、懐しかった。

私にとっては始めてでも、亡き父の生家は大阪。
戦争に取られて、生還したはいいが、家もなにもかも無くなっていた〜〜〜。
それで、嫁いだ姉を頼って、静岡に流れてきたとのこと。
生前、父の口から聞けたのは、
法善寺の近くにいたこと、出身校が浪商の前身であったこと、くらい。
昔話をしない父であった分だけ、いろいろなことがあったのであろう。

むろん私がこの世に生を受けたのは、静岡で父と母が出会った後のこと。
大阪に来て「懐かしい」感じることが、父の故郷であることと直接結びつく訳もない。
不思議と言えば不思議〜〜〜です。

父は肝硬変で逝った。酒。
ひょっこりと、こんな歌を思い出した。

高田渡「系図」

ボクがこの世にやってきた夜、おふくろはめちゃくちゃに嬉しがり、
親父はうろたえて質屋に走り、それから酒屋をたたき起こした。
その酒を飲み終わるやいなや、親父は一生懸命、ねじりはちまき、
死ぬほど働いて、死ぬほど働いて、その通りくたばった。
くたばってからというもの、今度はおふくろが一生懸命、後家の歯ぎしり、
後家の歯ぎしり、頑張ってボクはご覧の通り。
丙午(ひのえうま)のおふくろは、おふくろはことし60歳。
親父を参らせた昔の美少女は、凄く太って元気がいいな。
実はせんだってボクにも娘が出来た。女房はめちゃくちゃに嬉しがり、
ボクはうろたえて質屋へ走り、それから酒屋をたたき起こしたのだ。
ボクがこの世にやってきた夜、おふくろはめちゃくちゃに嬉しがり、
親父はうろたえて質屋に走り、それから酒屋をたたき起こした。

大阪のコマは続きます。
「今時のまばたき」に。

f0180144_17123381.jpg

f0180144_17125888.jpg

f0180144_17132626.jpg

f0180144_17135673.jpg

f0180144_17141533.jpg

f0180144_17143310.jpg

[PR]
by mallard3 | 2008-11-19 17:15 | 2008から日本
道中車中
いつまでもリハビリ〜リハビリって言っていると、いつまでたってもリハビリなので、
「リハビリ的〜」はおしまいにします。
大阪に3日間行ってきました。
その道中から始めて、良いも悪いも、荒っぽいのも、ホイホイ、アップしてみようと
思い立ちました。どうなるやら。
「今時のまばたき」というカテを造りましたので、そこに。
f0180144_23364238.jpg

f0180144_23371186.jpg

f0180144_23372770.jpg

f0180144_23374257.jpg

f0180144_23375926.jpg

f0180144_23382011.jpg

f0180144_23383919.jpg

[PR]
by mallard3 | 2008-11-18 23:48 | 2008から日本
秋の色1
今日も出先のPCから出してみました。
デジカメ楽しくホイホイ撮ってはいますが----。
結果はともあれ「リハビリ的一人WS」に入れさせてください。
f0180144_0575914.jpg

f0180144_0585419.jpg

f0180144_0592775.jpg

f0180144_10378.jpg

f0180144_121051.jpg

[PR]
by mallard3 | 2008-11-17 01:04 | 2008から日本
秋の空1
今日はミャンマー物が入ってない出先のパソコンから。
7枚アップは重くなりすぎでしょうか。
まずかったら教えてください。
「リハビリ的一人WS」に。
f0180144_22255630.jpg

f0180144_22263367.jpg

f0180144_22271843.jpg

f0180144_2228401.jpg

f0180144_22292269.jpg

f0180144_22295642.jpg

f0180144_22302480.jpg

[PR]
by mallard3 | 2008-11-15 22:32 | 2008から日本
LAST DATE
1998-2003年に撮った写真の話の続きです。

職場から帰宅。飯を食ったら暗室直行(フィルム現像)。
出れば出たでスキャン作業。また数日毎の暗室は半徹(プリント作業)。
それに写真撮ってる時間が加わる。
朝は、何食わぬ顔で職場に(仕事は写真とは無関係ですよ)。
スキャン画像だけで1000枚超。加えて、ヤンゴンに置き去りにしている現像後放置ネガも結構な数。

よくも飽きもせずにやっていたと、つくづく思う。
同時に、こうして整理にかかっていると「なんで?」と思う。

先日、学校の行事で、多くの父母のカメラ、ビデオ撮影風景を眼のあたりにした。
私のも、原理的には同じである。
時間よ止まれ。あるいは、ここにいた事、生きていたことの証明といえば大仰か。
み〜んな、時間は可逆でないことを知っている(あるいは感づいている)。
だから、余計、何かの刻印が欲しい。
この点で私も、クリスタルクリアー。同じである。

シャッター押したら、その後のことは別物であるという意識を、心のどこかに抱えている。
4月時点で銀塩カメラ処分した時、ネガも全部捨てようと思った。
が、もっと昔の亡父母の写真を見ていて、なんとなく残そうと思い直した。
アルバム写真は、家族が共有する記憶の糸の一片であるという居心地の良さがある。
しかし他人のアルバムは別物だ(他人の中で一人歩きを始めるという意味で)。
それでは、なぜ今になってWebに載せるのか。
オレはよーっていう執着心か、あるいは、写真自体になんらかの社会性を期待しているのか。
そこのところは、いまのところ正直言って分からない。

When you hear music, after it's over, it's gone in the air. You can never capture it again.  
「音楽って〜〜 演奏が終わっちゃえば音は霧散するだけだ。同じ音はもう2度と戻っちゃこないんだ。」
(意訳すればこんな感じだと思いますが)

これは、エリック・ドルフィー(Eric Dolphy: 1928.6.20 - 1964.6.29)が、
アルバム「LAST DATE」の中で、つぶやくように口にした言葉です。
なお、録音が1964.06.02だから、期せずして、亡くなるほんの1ケ月前。
ドルフィーさんは、この言葉の先「だから〜」の答えを、一瞬一瞬の音の凝縮というか濃度みたいなことに求めたように想う。
だから、こんなにすごい音が出せたんだとも思う。

2008.11.12 AM01:00。
今、録音装置や再生装置といった「技術」の範疇で、あのセッションの録音を聞いている訳で、
どんなテクノロジーを使っても、どんなにすごいと思っても「あの時」を再生すべくもない。
私の「今」の中で「技術」の範疇の録音が一人歩きしているだけで、このことについて、
もちろん Dolphyさんは関知しているはずはない。

写真の場合、対象自体が「借り物」というか、「あたかもそこにあるもの」なので、混乱するかも知れない。
しかし、どんなに議論を重ねても、どんなに「技術」の話をしてみても、
やっぱり写真も不可逆の一瞬のまばたきを扱っている以上、
ドルフィーさんのつぶやきは写真にも、まさに当てはまる。

しかし私の問題は、戻っちゃ来ないんだの先「だから〜」について、今のところなんの方法論もちあわせていないということである〜〜。

何をアップしようか考えているうちに、ドルフィーさんのフルートが加わって、
思わぬしゃべりになってしまいました。
こういう日もあるということで「ときどきのつぶやき」に入れときます。

f0180144_10182597.jpg

[PR]
by mallard3 | 2008-11-12 10:22 | 2008から日本


画像クリックでデカ画面に変!
MY FAVORITE's

DIGITAL KITCHEN

適宜キーワードでSearchが
面白い!画像クリックで作者ページに飛ぶこともできますよ!

Flickriver - A new way to view Flickr photos and more...

In my memory of?
mallard123 (random):

mallard123's most interesting photos on Flickriver

-------------------------
Mail :
mallard123allphoto%yahoo.com




カテゴリ
全体
ごあいさつ
1998-2002ミャンマー
1998-2002タイ
1998-2002日本
2008からミャンマー
2008から日本
未分類

以前の記事
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧